名古屋みなと行政書士として登録、日々のニュースや行政書士の業務を書いていきます

タグ別アーカイブ: 創業計画

補助金や融資について相談してみた

こんにちは。名古屋市港区の行政書士事務所「名古屋みなと行政書士事務所」の森田です。

まず気になったことがあって、補助金や助成金について聞いてみました

補助金や助成金について

補助金や助成金については今の私の状況では受けられないものや

定員がいっぱいなため無理だそうです

創業補助金は国会の予算の中に組み込まれているものだそうで

3月あたりになにがあるか大体わかってきて

6月あたりから応募のような形になるそうなので

起業や創業されるかたは3月あたりに発表される情報に注目です

補助金はあったらいいなと考えてたので、そこまではがっかりしませんでした

特に気になっていたのは創業融資についてです

日本政策金融公庫で融資をうける際にいつうけることが有利に働くか

知りたかったのです

前に聞いた話ですが、赤字の時に融資を受けようとしても

融資されないことが多いそうです

かえってくる見込みがないと判断した場合銀行も融資はしません

しかし実績が存在しない創業時であれば融資されやすいそうです

創業融資については創業2期まで受けれるそうなので

創業後でも大丈夫そうですが

わからないことは専門の方に聞いたほうが良いと思います

yjimageVPKFQ14V

個人事業主か株式会社、良いのはどっち?

こんにちは。名古屋市港区の行政書士事務所「名古屋みなと行政書士事務所」の森田です。

個人事業主か株式会社どっちがいいのか

個人事業主か株式会社どっちがいいのか迷ってます

どちらにもメリット・デメリットがあり、一概にこれで決まりなんてことは

できないと思います

今日はそのことで、創業について相談してきました

個人事業主と株式会社は何を重点におくかで結論は変わってきます

社会信用度や節税を考えるなら株式会社ですし

初期費用を考えるなら、個人事業主です

私はどれだけ稼げるかが明確でないため

法人化するメリットに対し個人事業主のほうが

メリットが大きいとのことでした

青色申告と白色申告について

青色申告と白色申告についてもアドバイスをもらいました

青色申告を個人でする場合なかなか大変だそうです

なので税理士にお願いすると月々2万かかるとすると

年間24万かかりますですので、40万の控除のうち

16万しか控除がない計算になるそうです

決算月にはさらに費用がかかるそうですから

白色申告の控除額とあまりかわらないことになるかも

しれないので注意しないといけないそうです

 

行政書士に必要な能力ってなんだろう?

こんにちは。名古屋市の行政書士、「名古屋みなと行政書士事務所」の森田です

行政書士の業務研究をしています

さて、今のところ許認可に関する本ばかり読み漁っているので

許認可に関しての行政書士に必要な能力って何か考えています

前にテレビで見たのですが、弁護士の場合成功報酬というものがあります

勝ち取った金額の何割かや請求された金額の減額に成功した何割かが

支払われる金額になるということでした

つまりは「」がその人の個性であり、能力なのです

行政書士の業務に関しては、許認可の場合審査基準が存在します

申請に関する書類と必要な条件がそろっていれば

基本的には誰が申請しても許可はおりるはずです

」や個性はあまりないように感じます

必要な能力は審査基準を憶えることなのかなと思います

こういったなかでいかに他の行政書士と差別化するのかが考えどころです

行政書士のなかでも「」がものをいう業務もあります

交通事故の後遺障害等級認定異議申し立てがその例のようで

」がよければより適正な等級を認定されることになります

私は行政書士業務経験無しですからまずは許認可からやっていこうと思います
i1v1arm

コンサルタント業を目指している方の創業計画

こんにちは名古屋みなと行政書士森田です

さて今回はコンサルタント業を目指す方の創業計画です

コンサルタントといってもたくさんある世界の何に特化するかが問題です

この方は国際運送についてのコンサルをお考えのようです

今は普通に働きながらコンサルタントの仕事を探して

ある程度顧客がついたら、独立という流れで起業を計画しています

まず運送業界に身をおいているので、業界に詳しいです

さらには、大学の教授、運送業協会の役員をやっていて本を出版するそうです

特に国際運送にかんして特化していこうとお考えのようです

いつか日本は国際化していくと見通していて

国際化を進めていかないとつぶれてしまうこともあるそうです

ある国では国際化についていけず30%の自国企業が倒産したそうです
images2

コンサルタントを業務として行なうことは

非常に難しいとおもいますが、やはり実績があると強いと思います

行政書士も売り方を考えたらやはり実績は売りになります

いろいろ他の行政書士のHPを見ていると

~~に紹介されました、年間~~回の実績があります、創業以来~~回の相談実績あり

など、非常にインパクトがあり新人行政書士にはできない売り方です

こういったことではない売り方を模索していこうと思います

会社設立前の創業計画

こんにちは名古屋みなと行政書士森田です

会社設立前の創業計画について考えてます

10月半ばに行政書士の登録が完了する予定なので

それまでになにをするか計画してます

時間としては、あと1ヶ月程度です

まずは業界分析をしました、ある程度方針は決まりましたので

この業界及び、この業務について研究していきます

業務は特化していくといいそうです

残り1ヶ月でやらないといけないことはHP作成、チラシ作成

名刺作成、FAX回線を引く、業務研究、

助成金、融資についての勉強

会社設立準備等ですね

お金があまり余裕がない状態からスタートですので

やれることは基本自分でやっていこうと思っています

時間を使ってお金をかけないスタイルですね

前に60歳以上の方が起業するテレビを見たのですが

やはり、コネ、カネ、実務能力があることは有利に働きますね

これから創業する方におすすめ

こんにちは名古屋みなと行政書士森田です

名古屋では創業支援として、いろいろな企業があります

そのなかでおすすめな施設として

名古屋ビジネスインキュベーターという施設があります

メイン業務として、賃貸オフィスをしているのですが

それに付随して、セミナーを開催していたりします

公益財団法人ですのでとにかく賃料が安いですし

いろいろな起業を目指す方や、知識をもった方が集まるので

情報収集がしやすいと思います

他業種交流会にいくよりぐっと親密になれると思います

私も一度セミナーに参加したのですが

いろいろアドバイスを受けたり、他の方のビジネスモデルを聞いたりできて

非常有意義な時間がすごせました

名古屋創業準備ルームは無料で利用でき、起業に関してわからないことや

自分にあっている補助金の利用方法を教えてもらえます

起業するにあたって有利な情報、起業後に補助金を利用したいなど

行政書士開業しようとする人はやる事がたくさんあると思うので

ここでいろいろ教えてもらえると開業にかかる負担を減らせると思います

他の地域の方は創業支援とか、起業支援など検索すると利用できるものがあると思います

起業、創業していく方にこういった情報を発信できる

行政書士になれれば強みになるんじゃないかなと思いました

1352873473_1602