一般建設業と特定建設業 | 愛知県名古屋市港区の行政書士事務所

一般建設業と特定建設業

建設業の許可は、下請契約の規模 等により「一般建設業」と「特定建設業」 の別に区分して行います
この区分は、発注者から直接請け負う工事1件につき、3,000万円(建築工事業の場合は4,500万円)以上(税込)と
なる下請契約を締結するか否かで区分されます

●発注者から直接請け負う請負金額については、一般・特定に関わらず 制限はありません。

●発注者から直接請け負った1件の工事が比較的規模の大きな工事であっても、その大半を自社で直接施工するなど、
常時、下請契約の総額が3,000万円未満であれば、一般建設業の許可でも差し支えありません。

●上記の下請代金の制限は、発注者から直接請け負う建設工事(建設業者)に対するものであることから、
下請負人として工事を施工する場合には、 このような制限はかかりません。元請のみ

同一業種については特定・一般の両方の許可を受けることはできません

Cyɂ₢킹

PAGE TOP