愛知県名古屋市港区の行政書士事務所

Tag Archives: スナック

風俗営業許可での謎

l

こんにちは名古屋みなと行政書士森田です

最近の名古屋での風営1号許可の出来事です。

1号営業許可にて、カラオケのモニター付きスタンドを音響設備として申請しました。

今回の案件は、ステージがある客室でしたので、1mを超えるものに慎重に判断しなければなりません。

客室基準面より1mを超えるものは見通し妨げと呼ばれ、1mを超えたものが客室内に存在すると「不適合」として許可がおりません。

1mを越えそうなモニターでしたので、事前に所轄の警察の方に相談し、本部の見解までいただきました。

ステージ上に置く場合であれば、1mを超えないようにすること、もし1mを超えるようであれば、壁際に置き、動かないように固定することで、限定許可ということと回答をいただきました。

モニターは99cmであるため客室の床に置き、見通し妨げをしないようにして申請を出しました。

所轄、本部、立会とスムーズに進んでいきましたが、、、

浄化協会より後日、現状では「不適合」となると回答があり、驚きました。

ステージ上にお客様が動かす可能性があるので、不適合の可能性があるとのことでした。

前回に同じような状況で申請が通ったので、問題ないかと思いましたが、今回はモニター付きスタンドを排除する形で申請を進めることになりました。

職業柄気になることは、偶然立ち寄った1号許可を取得しているスナックにて、1mを超えるモニター付きスタンドとステージがあり、あからさまに見通しを妨げる設備があったことに謎を抱きました。

風営法を完全遵守すると壁に向かってカラオケを歌うことになるのですが、法律の範囲内で営業をすることが大切ですから、お客様と警察のどちらの意見も取り入れながら、今後もお客様にとってより営業が上手くいくようにアドバイスをしていきたいと思いました。

ステージがあるお店は要注意です。

↓押してもらえると励みになります↓

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

にほんブログ村

行政書士 ブログランキングへ

行政書士,名古屋,

PAGE TOP