よくある質問

お電話・メールでのお問い合わせ時、面談時に、よくご質問いただく内容をわかりやすくまとめました。

具体的な相談は可能ですか?

電話でもメールでも結構です。どうぞお気軽にお問合せください
ご検討の案件について、じっくりご相談されたいという方は名古屋みなと行政書士事務所に来所していただいて対応いたします。
まずは、お電話・お問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせください。

相談の際に打ち明けた個人的な秘密が他に漏れないか心配です。

行政書士は国家資格者であり、法律で守秘義務が課されています。安心してご相談ください。

相談に事務所まで行くことができません。場所を指定することは可能ですか?

当方よりお客様のもとにお伺いいたします。ご予約の際にその旨お申し出頂き、ご自宅またはご都合が良い場所をご指定ください。

相談料はどのくらいかかりますか?

初回のご相談は無料です。
複雑な事情や書類等で、再度じっくり時間をかけてお話しを伺い調査が必要な場合は料金をいただきますが、その後面会する場合でも更に料金をいただくことはありません。
また、実際に書類作成業務に着手した場合は、相談料は報酬に充当いたします。

依頼したいのですが、費用はいくらぐらいかかりますか?

報酬はそれぞれの事案によって増減する場合がありますので、内容を聞かせて頂いた上でお見積りをさせて頂きます。

ホームページに掲載されている業務しか相談できませんか?

いいえ。掲載されていない業務でも相談を承っております。お気軽にお問い合わせください。

行政書士の業務はどういうものがあるの?

行政書士の業務は各種許認可申請業務のほか権利義務または事実証明に関する書類の作成です。
行政書士が扱う許認可手続き業務は約3,000種類もあるといわれていますが、多くの行政書士は、建設業申請・運送業登録・会社設立・入国管理業務など、数種類の分野を専門にしており、すべての手続き業務を扱っているわけではありません。

また、契約書・遺言書・遺産分割協議書・交通事故関係書類の作成などの権利義務関係の書類作成も、許認可申請とは異なる分野で、業務を行っています。

書類作成の料金はどうなっているの?

料金案内で基本報酬を表示しています。
ご相談内容や書類作成の要する時間・難易度によって、基本料金が変動することもあります。
業務着手前にご説明し、報酬等も納得いただいたうえで、業務委託契約書を交わします。

行政書士に相談する内容なのかわかりませんが、相談できますか?

名古屋みなと行政書士事務所は「いろんな専門職(士業)への入り口」と考えてください。
的確に「○○分野は△△士」と言い切れる方は少ないと思います。
名古屋みなと行政書士事務所はたくさんの専門家とお付き合いがあり、また、その中の優秀な専門家と業務提携も行っています。名古屋みなと行政書士事務所の範囲外の業務であっても、喜んで、そのお問合せ事項の専門の士業をご紹介させて頂きます。

各士業について、複数の事務所にご案内できる体制を整えております(弁護士、司法書士、社会保険労務士、税理士、土地家屋調査士、FP等)。他士業へのご紹介によって費用が発生することはありませんので、お気軽にお問合せ下さい。

平日の夜か土日しか時間が取れません。大丈夫でしょうか?

お時間が取れない方のために、事前予約により平日の夜や土日の相談も受け付けております。ご相談のご予約の際にその旨お申し出下さい。
業務外の時間でも柔軟に対応します。

「各士業との連携」とは、どう言うことですか?

数多くの業務の中には行政書士のみでは遂行できない業務もございます。
例えば株式会社設立であれば司法書士との連携が必要になりますし、土地の開発許可であれば土地家屋調査士や測量士との連携が必要になります。
それぞれの業務ごとに他士業とのスムーズな連携ができていることが名古屋みなと行政書士事務所の強みなのです。

他士業との連携が必要な場合、紹介料がかかりますか?

紹介料は一切いただいておりません。ご安心下さい。

私は外国人で日本語がほとんど話せませんが、大丈夫ですか?

事前にご予約を頂ければ、名古屋みなと行政書士事務所より通訳者を手配します(別途料金がかかります)。