建設業許可申請

返金保証つき!建設業許可申請代行サービス

「建設業許可を取得したい!だけど書類や手続きがとても大変そう……」
起業されて間もない方、また、さらなる事業発展を願い、建設業許可の取得を検討されている会社の社長様、個人・法人問わずお引受けいたします。
そして、確実に建設業許可をとりましょう。許可があれば、必ずあなたの会社の強い味方になります。さらには、公共工事への参入も可能になります。
中小企業様にとっての右腕となれるよう徹底サポートします!

「許可の要件を満たしているかどうか知りたい」
「過去の書類を破棄してしまった」
「他の行政書士事務所に取れないと断られた」
「更新期限が迫っているが毎年度の決算変更届を出していない」
など一見、許可取得・更新が難しいと思われる場合でも決して諦めずにご相談ください。

 

建設業許可申請を失敗したくない方!相談、許可要件診断、お見積りは完全無料です。
また、残念ながら許可基準を満たさず許可に至らなかった場合は手数料はいただきません。
建設業許可の新規・更新・変更届の各種申請から経営事項審査まで幅広く対応いたします。いつでも気軽にご相談ください。

こんな方はぜひご相談ください

  • 建設業許可を取得して、大きな仕事を取りにいきたい。
  • 面倒な手続きは、行政書士にすべて任せてしまいたい。
  • 公共工事に入札したい。
  • 会社設立や融資の相談もまとめてしたい。

建設業許可専門サイトを見る

建設業許可取得のメリット

建設業は宅建業や運送業と異なり建設業許可を取得していなくても、それ自体は営むことができます。
しかし、許可を取得しない場合は一定額以上の工事を受注することはできません。
建設業許可を取得することで、金額的に大きい工事を受注できるようになるということが直接的なメリットです。
建設業許可を取得することで得られるメリットは他にも多くあります。

建設業許可申請はなぜ専門家に依頼するほうがよいのか?

建設業許可を取得するためには何十枚もの書類を作成する必要があり、それぞれの書類においてさまざまな記入のルールもございます。

同時に、添付しなければならない証明書についても、住民票、身分証明書、登記されていないことの 証明書、登記簿謄本(履歴事項全部証明書)、納税証明書など、また、要件を証明するための書類なども非常に多岐にわたります。
記入ミスがあった場合はやり直しとなり、何度も役所に行く必要も出てきます。

建設業許可申請という非常に複雑で面倒な手続きを我々行政書士という専門家にお任せいただくことで、お客様は本業に集中していただくことができるのです。

建設業許可要件チェック

建設業許可要件チェック

※上記は簡易的な説明となっております。不明点や上記項目を満たしていない場合でも気軽にお問い合わせください。
また上記の要件を満たしていても、書類が整わない場合は、取得できない場合がございます。

申請までの流れ

  1. お問い合わせ
    まずはお電話かメールにてお問い合わせください。
  2. 無料相談
    無料にてご相談と要件審査をいたします。
  3. 見積書の提出
    営業所の構造、設備を確認後、見積書を提出します。
  4. ご契約
    要件を満たし、お客様もご納得いただきましたら、ご契約となります。
  5. 申請に必要な書類や資料の収集
    建設業許可申請に必要な書類を集めます。
  6. 申請書類の作成
    書類をお預かりし、弊所にて申請書類を作成します。
  7. お客様のご確認
    申請書類の内容をご確認いただきます。内容に不備等がなければ手数料と実費をお預かりいたします。
  8. 申請の受理と審査期間
    申請が受理されたあと、審査期間を経て許可通知書が発行されます。
    許可通知書は、弊所にて受領し、お客様にお届けいたします。

建設業許可専門サイトを見る

一般建設業と特定建設業

一般建設業と特定建設業
建設業の許可は、下請契約の規模 等により「一般建設業」と「特定建設業」 の別に区分して行います。 この区分は、

経営業務の管理責任者がいることについて

経営業務の管理責任者がいることについて
経営業務の管理責任者としての経験がある者を有していること 経営業務の管理責任者としての経験とは、営業取引上対外

誠実性があること

誠実性があること
法人、法人の役員、個人事業主、支配人、支店長、営業所長、法定代理人が請負契約に関して不正又は不誠実な行為をする

財産的基礎等があること

財産的基礎等があること
請負契約を履行するに足る財産的基礎等のあること 一般建設業の許可を受けようとする場合 下記のイ、ロ、ハのいずれ

経営事項審査

経営事項審査
(1)経営事項審査とは 経営事項審査とは、県等が発注する建設工事(建設業法第27 条の23 の規定に基づき、公

解体工事業

解体工事業
解体工事業の登録について 1 解体工事業とは 解体工事業とは、建設業のうち建築物等を除去するための解体工事を請

建設業許可の要件

建設業許可の要件
建設業の許可を受けるためには、次の要件を全て満たしていることが必要です。 (1) 経営業務の管理責任者 法人の

建設業とは

建設業とは
建設業とは 建設業とは、元請・下請を問わず、建設工事の完成を請け負う営業をいいます。この建設工事は28業種にわ

建設工事28種とは

建設工事28種とは
土木一式工事業と建築一式工事業の2種類の総合建設業と26種類の専門工事業の合計28種類を建設工事といいます。以

許可業種区分の考え方について

許可業種区分の考え方について
(1)左官工事 防水モルタルを用いた防水工事は左官工事業、防水工事業どちらの業種の許可でも施工可能である。 「

国土交通大臣許可と都道府県知事許可の違い

国土交通大臣許可と都道府県知事許可の違い
建設業許可の国土交通大臣許可と都道府県知事許可の違い 2つ以上の都道府県に営業所を設ける場合は国土交通大臣許可

専任技術者がいることについて

専任技術者がいることについて
営業所ごとに、建設工事の施工に関する一定の資格又は経験を有する技術者で専任の方を置かなければなりません。専任の

欠格要件に該当しないこと

欠格要件に該当しないこと
1 法人にあっては法人・役員、個人にあっては事業主・支配人、その他支店長、営業所長、法定代理人(営業に関し成年

申請の種類

申請の種類
新規 現在、「有効な許可」をどの許可行政庁からも受けていない場合 許可換え新規 この申請書により許可を受けよう