国土交通大臣許可と都道府県知事許可の違い

建設業許可の国土交通大臣許可と都道府県知事許可の違い

2つ以上の都道府県に営業所を設ける場合は国土交通大臣許可が必要です

本店の所在地を所管する地方整備局長等が許可を行います。

1つの都道府県に営業所を設ける場合は都道府県知事許可が必要です

営業所の所在地を管轄する都道府県知事が許可を行います。

営業所とは、本店または支店もしくは常時建設工事の請負契約を 締結する事務所をいいます。
また、これら以外であっても、他の営業所に対して請負契約に関する指導監督を行うなど、建設業に係る営業に実質的に関与する場合も、ここでいう営業所になります。

ただし、単に登記上本店とされているだけで、実際には建設業に関する営業を行わない店舗や、建設業とは無関係な支店、営業所、工事現場に置かれる現場事務所や作業所は、ここでいう営業所には該当しません。

上記のとおり、大臣許可と知事許可の別は、営業所の所在地で区分されるものであり、営業し得る区域または建設工事を施工し得る区域に制限はありません。
例えば、東京都知事の業者であっても建設工事の施工は全国どこでも行うことが可能です。